天然100%かきエキスの金牡蠣 全国送料無料 無添加

牡蠣の力

  • HOME »
  • 牡蠣の力

牡蠣の配合成分

金牡蠣(きんかき)は日本近海の清浄な海で育ち、厳選された新鮮な牡蠣を原料に、アミノ酸をはじめとした天然の栄養成分が熱変性しないように低温で丹念に濃縮した原液です。無添加、天然成分100%の牡蠣原液です。

ミネラル

ビタミンと同様に、人間にとって健康維持の根本で重要な物質(主に金属)がミネラルであり、カルシウムや鉄などが有名です。

ミネラルを摂取することで、カルシウムならば骨や歯を作り、鉄ならば血液中のヘモグロビンを作り、クロムならば、インスリンの働きを助け、糖代謝、脂質代謝を促進させるといわれています。

他にも重要な働きのあるミネラルが存在し、現在では13種類ものミネラルが人間には必要とされているにもかかわらず、現代人の生活では不十分になりがちです。

カキには日本人に欠乏しやすいミネラル、亜鉛・銅・マグネシウムを他の食品よりも豊富に含んでいる事が知られています。

ミネラルは‘沢山摂取すれば良い訳ではなく、一度に沢山摂ると毒になってしまいますが、言い換えると、mg単位の微量の摂取で十分効果が期待できます。
以上のことから、微量ミネラルの摂取を食品から摂る方が、無機物から摂取するよりも遙かに安全で安心できる方法であると考えられています。

亜鉛

・成長ミネラルと呼ばれ、たんぱく質の合成や骨の発育など、人体に必須栄養素です。
・植物性たんぱく質と一緒に摂ると吸収が促進させます。
・男性ホルモンの代謝に不可欠です。研究結果では、精子数を増加がみられたり、亜鉛不足は前立腺の障害など性能力に影響を及ぼします。
・実際に何人かの男性にヒアリングしたところ、多く男性が自信を取り戻したという声があります。バイタリティあふれる男性力にも不可欠ですね。
DNAや蛋白質合成の細胞分裂に必要な、免疫機能を向上させます。
腎臓にも不可欠であるし、網膜にとっても大切な働きをします。
・ビタミンAと共に、免疫システムが細菌を撃退するのを促進させます。
・カルシウム吸収を促すため、老化などホルモン低下で骨がもろくなる骨粗鬆症に改善が期待できます。
細胞の新陳代謝をサポートし、育毛や皮膚、爪の合成にも必要といわれています。
血糖値コントロールのインシュリンの安定させるといわれています。
・亜鉛が不足すると味覚障害を起こすそうです。

男性と亜鉛

JV151_72Aそれを実証するある実験があります。デトロイトのウェイン・ステイト大学教授、プラサド医学博士が51歳から65歳までの、5人の健康な男性を対象に行いました。
完全な食事管理を行って、1日わずかに1ミリグラムの亜鉛不足の食事を6ケ月間続けたそうです。
亜鉛の必要量は1日8mgから10mgと言われていますから、1mgというのは、影響があるほどの量とは考えられないのですが、博士はその微量の不足が、性能力に影響を及ぼすと考え実験を行ったそうです。
結果、5人中4人の精子数が減少し、5人中5人のテストステロン(男性ホルモン)量が低下しました。

しかも精子数の減少した4人のうち3人は不妊点を下回る激減をしました。その被験者達はインポテンツを訴えました。
そのため、正常な食事に戻し、さらに1日30mgの亜鉛を補った結果、5人が正常回復するのに、16週から20週要したと、博士は報告しています。

女性と亜鉛

JV099_72A亜鉛が不足すると、細胞分裂の速度が遅くなり、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質層が表皮に残ってしまいます。
お肌の表面がカサカサした状態になってしまい、くすみの原因にも。
また、古い角質層が毛穴づまりの原因となり、ニキビの原因にもなります。

亜鉛を含む食べ物

1日15mgの摂取が推奨されている亜鉛は、うなぎやレバー、スッポン、ブロッコリーなどに含まれています。
海のミルクと呼ばれている天然牡蠣では3~4個で必要摂取量を補うことが出来ます。

髪や爪も、細胞分裂によって作られていますから亜鉛が必要です。それだけでなく、亜鉛はタンパク質の合成もサポートしています。髪も爪もタンパク質からできているため、亜鉛が不足すると髪や爪にも影響が出てしまうのです。

アミノ酸とタンパク質

アミノ酸とタンパク質は、人体の約20%を構成する内臓や血管、筋肉などを構成する成分です。
様々なアミノ酸がつながってできたものがタンパク質であり、タンパク質を構成するためのアミノ酸は20種類あります。

その中でも人体で作ることが難しく、外から摂取しなければならない‘必須アミノ酸が9種類ほどあります。これを摂取することが大切になります。

タンパク質は、肉、魚、納豆、牛乳、卵などに多く含まれます。
具体的な効果として例えば、ロイシンやイソロイシンは筋肉内の燃料となり体力が向上し、アラニンやアルギニンは脂肪燃焼を促し有酸素運動の助けとなります。他にも免疫力の向上、皮膚の再生などの効果があります。
ただ、アミノ酸には正反対の効果を促すものもあるので、人それぞれ、その時に必要とする用途に合わせて摂取することが効果的です。

タウリン

タウリンは、身体が気温の変化や季節の変化にさらされても、運動による脈拍の変化があったとしても、身体を元に戻す様に働いて、健康を維持しようとする力です。

特に肝臓の機能を高め、胆汁酸の分泌を促成させる働きをします。
タウリンにはインスリンの分泌を促して糖尿病を予防します。
肝臓の機能を高めることで、アルコールから肝臓を守ることができます。
血中の悪玉コレステロールを撃退し、血液をサラサラにし、血液循環が良くなり、代謝が上がります。

ビタミン

体内で行われるエネルギー生産などの化学変化ではビタミンが欠かせません。ビタミンは体内で生成することが出来ず、食べ物から摂取する必要があります。体内にビタミンが無くなってしまうと、壊血病で人は死んでしまいます。

ビタミンは全部で13種類あり、それぞれのビタミンが相互作用することで機能するため、全てのビタミンがバランス良く体内に存在しなければいけません。どれか1つでも欠けると、他のビタミンの機能まで損なわれてしまいます。
13種類のビタミンは、水に溶けるタイプの水溶性ビタミンと、脂に溶けるタイプの脂溶性ビタミンに分類することができます。

 

kinkaki_top07

 

金牡蠣 高濃縮原液 今すぐ購入する金牡蠣 高濃縮原液 今すぐ購入する

PAGETOP
Copyright © MAMEIDOジャパン株式会社 All Rights Reserved.